エースホームの口コミや評判

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/05/28

【詳細】
会社名:エースホーム株式会社
住所:東京都新宿区高田馬場2丁目14番5号
TEL:03-5292-2611

エースホームは全国展開しているフランチャイズ住宅(FC住宅)メーカーです。2020年現在では加盟店は50社ほどあり、デザインと耐久性を持ち合わせた住宅を供給しています。エースホームの名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では、住宅建築を予定している方に向けて、エースホームの特徴について解説しましょう。

フラットハウスでミニマル生活が1280万円から

エースホームでは全国展開しており、顧客の好みや希望もそれぞれ異なっているようです。エースホームはとくにデザインに力を入れていますが、フランチャイズならではのローコストでよいデザインを提供できるように、複数の商品を提案しています。

その中でも目を惹くのが、1280万円からの価格設定とスタイリッシュなデザインを可能にしたフラットハウスでしょう。フラットハウスには2LDKの平屋から2階建てまで、さまざまな商品があります。共通するコンセプトはあるものの、自分たちの好みに外観やインテリアデザインをコーディネートできるようです。4つあるタイプを順番に紹介しましょう。

BrooklynStyle
レンガ調でシックな大人のイメージを演出できる、ブルックリンスタイルのデザインを標準仕様にすることで、手が届きやすい価格を可能にしました。非日常的な空間で豊かな生活を送ることができるでしょう。

CaliforniaStyle
近年流行しているカリフォルニアスタイルです。デッキスペースを設けることにより、外と家の中をうまくつなげて、より開放的な日常を可能にしました。

Simple&ModernStyle
外観をシンプルにしてこだわりを詰め込んだスタイルです。建物全体もキューブ型を標準採用しています。

■IndutrialStyle
古材やアンティークをコンセプトに盛り込んだ、ラフで個性的なスタイルです。これまでにない雰囲気でありながらも、非日常感も感じることができる空間を演出できるでしょう。

さまざまな特徴をもつ4つのフラットハウスですが、共通するコンセプトは手が届きやすい価格設定ながらも、デザイン性に富んだ住宅となっているところです。また個性あるデザインを長く楽しめるように、耐久性にも力を入れていることも魅力だといわれています。

感染症対策も踏まえた新しい生活動線

2020年はコロナ禍で皆さんの生活様式も一変したことでしょう。その中で住宅や間取りに対する重要ポイント、希望も変わってきました。その変化に合わせてエースホームでは、「新しい生活様式」に対応したプランニングを実現しています。

たとえば、帰宅時にすぐ手を洗える動線経路にする点でしょう。子どもは泥だらけで家から帰ってくることがあります。帰宅して、玄関から洗面脱衣室までリビングを通らずに行くことができれば、ウイルスや菌を住宅内に侵入させることも防げる可能性があるでしょう。また、断熱性能を向上させて、室内を暖かく保つことができれば、発病リスク低減にもつながります。

また、近年では在宅勤務や隔週出勤の方も増えてきたことでしょう。満員電車の通勤による感染リスクや、市中感染リスクを下げることも重要視されています。その中で増えてきた要望が書斎スペース、いわゆるテレワークスペースを確保したいというものです。

毎日生活する空間になるため、生活動線のイメージをしっかりプランニングに反映することにより、豊かな生活を送ることができるでしょう。

次世代構造体「超抑震構法」で安心

法律や施工方法、研究が進んでいるはずの現在でも、地震が発生すると住宅が倒壊する恐れがあるのが実情です。これは建築基準法の耐震レベル、基準に問題があります。現行の法律では大地震1回に耐えることができればよいとされているのです。

そこで、エースホームでは繰り返し起こる地震にも耐えられるように、「超抑震構法」を採用しています。まずは構造躯体、建物自体の耐震レベルは耐震等級3を確保しているのです。これは、法律の約1.5倍以上の壁量があることを意味しています。さらに、制振装置を標準採用し構造躯体が傷つかないように工夫を施しているようです。

エースホームでは制振装置も2種類あり、間取りやプランニング、建物仕様により選ぶことができます。柱と柱の間に筋交いのように施工する「超抑震デルタ」と、外壁や内壁の面材替わりとして働くモノコック工法である「超抑震キューブ」です。

もう1つは「省令準耐火構造」という火事に強い構造も考案しています。地震が起きた際に怖いのは、建物の倒壊よりもその後起きる火事だといわれているのです。火事が起きてしまうと、避難する時間や救出する時間、財産などすべてを失ってしまいかねません。

省令準耐火構造とは、本来火にあまり強くない木造を石膏ボードなどで構造躯体を被覆して、火が建物全体に回らないように考慮された住宅です。床と柱の間や、屋根面、軒裏などの隙間をシャットアウトすることにより、延焼を防ぐことができるでしょう。

また、その他に基礎、土台や、2階床など工夫がたくさん盛り込まれています。耐震等級3、制振装置、省令準耐火という3つのポイントを網羅した「超抑震構法」で、万が一の地震にも倒壊リスクをおさえ、火事による被害も未然に防げる住宅となっているのです。

 

エースホームでは、次世代にあわせたニューノーマルライフを送れる住宅建築のポイントが数多く標準採用されています。フランチャイズならではの低価格と商品バリエーションにより、さまざまな人の生活様式に適しているのではないでしょうか?魅力的な住宅なので、気になる方は一度HPにアクセスしてみてください。

おすすめ関連記事