昭和建設

昭和建設の画像1

昭和建設は昭和55年創業、40年の歴史を持つ会社で、これまでの完成棟数は福岡県の新築戸建着工数でNo.1を誇る実力派です。安心で安全の住宅を低価格で提供しており、家族のライフスタイルに合わせられる注文住宅を強みとしています。

オリジナルブランドである「家族だんらんの家」では、間取りや価格の異なる100通りのプランを用意し、どんな家族にもピッタリの家が建てられるよう提案しています。

会社名 昭和建設株式会社
所在地 本社 〒839-0863 福岡県久留米市国分町743-2
TEL:0942-21-3311(代)、フリーコール:0120-21-3337
FAX:0942-21-3616
mail:info@showacr.co.jp
創業 昭和55年10月
資本金 1億円
事業内容 建築工事の設計、施工、監理、請負
土木工事の設計、施工、監理、請負
不動産の売買、仲介、斡旋
損害保険代理店業務
金銭の貸付業務
発電および売電事業
前各号に付帯する一切の業務
事業資格 国土交通大臣 許可(特-29)第22131号
1級建築士事務所 福岡県知事登録 第1-50303号
宅地建物取引業免許 国土交通大臣(3)第7633号
役員 代表取締役社長 戸田 誠二
取締役 岩橋 光信
取締役 中村 恵子
監査役 戸田 廣實
取引銀行 西日本シティ銀行、福岡銀行、福岡県南部信用組合

40年の実績!昭和建設のこだわり

昭和建設の画像2
創業40周年を迎えた昭和建設は、多くのこだわりを持っているからこそ長く愛されているのです。そんな昭和建設のこだわりについてご紹介していきます。

低価格高クオリティの家

昭和建設では、安全で安心、そして快適な住まいにこだわりを持ち、徹底したコスト管理でより安く提供することに力を入れています。その中でも高品質で低価格という、いいとこ取りのオリジナルブランドである「家族だんらんの家」は、様々な安心を標準仕様としています。

まず、長期優良住宅であること。耐震等級2以上、劣化対策等級3、維持管理対策等級3、断熱性能等級4、地球環境と調和した家、住居面積75㎡以上、維持保全計画という認定技術基準をクリアした家なのです。認定を受けることで、多くの税制などが優遇されるメリットも兼ね備えています。

そして、断熱性能や省エネ性能をアップさせ、太陽光発電でエネルギーを創ることによって、年間の一次消費エネルギー量をプラスマイナスゼロにする住宅である「ZEH」も標準仕様となっています。快適に過ごせる上にお財布にも優しい住宅で、長く住めば住むほどお得になるのです。

この他にもオール電化やエクステリア、インテリア、キッチン、バスルーム、サニタリーといった住宅の設備についても選択することが可能で、その組み合わせはなんと100通り。きっと家族にとって最適なプランが見つかるはずです。

火災や地震に強い

長期優良住宅であることの条件でもある耐震性にも、昭和建設はこだわっています。厳密な地盤調査からスタートし、土地に適した基礎づくり、そして高耐震と高耐久の基礎を追求する基礎立ち上がりと、キソパッキング工法、その他金物や建物の工法にもこだわり、高い耐震性を追求しています。

家づくりの流れについて

昭和建設の画像3
それでは、実際に昭和建設で家づくりをする場合、どういった流れで進んでいくのでしょうか。相談から完成までの流れを見ていきましょう。

相談~予算調査

まずはお客様の希望する間取りやデザイン、そして予算についての相談からスタートします。その後敷地の調査にて、敷地の活用方法を最大限活かすための要件を確認したら、その結果を踏まえてお客様にとって最適なプランの提案や予算の調査を行います。

見積もり~ご契約

提案したプランを検討し、プランが決定したら最終的な設計図面や見積もりの提出となります。それが完了したら、住宅ローンの事前審査確定など、資金の確定を行い建築工事請負契約書を作成、締結することで契約となります。

間取り決定~追加変更工事の見積書提出

契約が完了したら、工事用図面を作成するために間取りを決定し、さらに三面打ち合わせ会を行い、建具の色柄、内外部の仕上げ材について打ち合わせ、確定をします。設計確認会にて変更または追加などが発生した場合は、追加変更工事の見積書を提出します。

ちなみに、昭和建設は打ち合わせの際設計士が同席せず、全て営業が打ち合わせを担当します。理想の家を実現するために、設計士に内容が明確に伝わるような打ち合わせが必要となります。

建築確認申請手続き~地鎮祭

設計図が確定したら、それに基づいた建築確認申請の手続きを行います。そして、工事する近隣への挨拶を行ったら、閉じの造成工事をスタートさせます。さらに、工事中の事故がないよう、土地のお祓いを行う地鎮祭を完了させます。

配置確認~着工

地鎮祭後は現場で実際に建物の配置や高さなどを確認し、地盤調査を行います。地盤調査にて必要と判断された場合は、地盤の補強工事を行いそれが完了したらいよいよ着工となります。

上棟~完成

構造体の工事が完了した時点で、一度構造調査を実施し問題がないかをチェックします。その後木工工事、そして仕上げ工事がスタートしたら表示登記作業もスタートさせます。そしてついに、住まいが完成し最後に竣工調査を行います。

引き渡し~アフターサービス

完成後鍵屋住まいのしおり、そして保証書などをお客様に渡し、ついに引っ越しとなります。引越し業者の相談も、昭和建設で承っています。さらに登記済権利証が完成し、その後はアフターサービス担当者が定期的な巡回サービスなどを行います。

オンライン住まいづくりも開催中

昭和建設の画像4
昭和建設では、現在オンライン住まいづくり相談を開催しています。家にいながらメールやWEBで住まいづくりの相談を行うことができるので、家づくりを考えているのなら利用してみてはいかがでしょうか。

この相談会では間取りや設計について、予算や住宅ローンについて、土地探しについてなど家づくりに関わるありとあらゆることが相談できます。スマホやパソコンなどを持っていれば参加でき、申込みはホームページから可能です。

また、オンライン相談をしたお客様へ、昭和建設のカタログボックスをプレゼントしています。カタログを見ながら想像したり調べたりすれば、家づくりの夢がもっと広がるはず。さらに、ホームページでは自宅で展示場を見学できる展示場ウォークビューも提供しています。細かな部分まで確認できるので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

昭和建設の施工事例

昭和建設の画像昭和建設の画像

昭和建設の画像昭和建設の画像

昭和建設の施工事例を見てみると、「実家が昭和建設で建てていた」「昭和建設で建てた友人宅を見て気に入った」「知り合いの大工さんにおすすめしてもらった」など、身近な人からの影響で昭和建設を選んだ方が多い印象を受けました。多くの施主の方が、断熱性、コストパフォーマンス、要望に対する再現度の高さなどを評価しているようです。

まずは「資料請求」をしてみよう!

昭和建設での家づくりをしたいと考えているのなら、まずはホームページなどからできる資料請求をして昭和建設のこだわりを確認してみましょう。もちろん直接展示場に出向き、実際に目で見て触れることもおすすめです。

また、ホームページには家族だんらんの家のプラン例もいくつか紹介されています。間取りや簡単な外観、工事価格や面積なども見ることができるので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

昭和建設を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

現在入居7年目です。
トラブルあったときは丁寧に対応してくれます。
2年目頃にクロスのよれが目立ってきたときは、直ぐに張り替えてくれました。証明
の関係で目立ちやすかったので、目立ちにくいものの提案もしてくれました。

引用元:https://www.e-mansion.co.jp/

→昭和建設で建てたマイホームに入居して7年目に突入している投稿者さん。汚れたクロスをすぐに張り替えてくれたり、トラブルが発生したときには丁寧に対応してくれるなど、こちらの口コミを見ると、昭和建設がアフターサポートもしっかり行ってくれるということが分かりますよね。

マイホームは建てて終わりではないので、何か問題が発生した時にすぐに対応してくれるかも非常に重要です。その点に関しては昭和建設は安心でしょう。

3年半前に昭和建設で建てました。
その前にいくつかの展示場にも行きましたが、決め手は担当者の対応でした。
主人も建設業なので、細かい質問もしていましたが、真摯に答えてくれたのは昭和建設さんでした。

引用元:https://www.e-mansion.co.jp/

→こちらの投稿者さんの場合は、いくつかの展示場を訪れた中で一番対応がよかった昭和建設に依頼することを決めたようです。建設業に関わっているからこそ気になる、細かい質問にも真摯に答えてくれたとのことでした。

どんな質問にも丁寧に答えてくれるだけで信頼できますよね。丁寧な対応をしてくれる昭和建設はおすすめです。

是非皆さんも一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。