注文住宅のキッチンは対面式・壁付きのどちらがいい?判断のポイント

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/02/25

 

注文住宅を建てる際、毎日の食事に必要不可欠なキッチンを「対面式」と「壁付き」のどちらにするかは非常に悩ましい問題ですね。形式を決める判断のポイントとして、それぞれにどのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておくことが必要です。今回は注文住宅のキッチンは対面式・壁付きのどちらがいいか、それぞれの特徴に迫ります。

対面式キッチンのメリット・デメリット

カウンターキッチンとも呼ばれる対面式キッチンは、キッチンとリビング・ダイニングスペースを隔てる壁がないキッチンの形式です。対面式キッチンは壁がないことから、キッチン台の向こう側を見通すことができるため、キッチンで作業をする人が向こう側の家族とコミュニケーションを取れます。そのため、孤独感にさいなまれることがなく作業を行えるというメリットがあるのです。

また、家に1人でいるというタイミングであっても、キッチンの向こう側にあるテレビ番組を視聴しながら料理を行い、窓の外を眺めながら水回りの掃除をするといった形で開放感を感じながら過ごすことが可能でしょう。

そのほかにも、対面式キッチンでは壁面のスペースが空くことから壁面収納を作ることができるため、何かと収納が必要になりがちなキッチン周りの収納力を上げられるというのも大きなメリットです。

一方、対面式キッチンでは壁がないことから、食材の匂いや料理の煙が部屋の中に拡散しやすかったり油が跳ねてキッチン外のスペースを汚してしまったりというデメリットも考えられます。壁や天井、カーテンなどに肉や魚を焼いた匂いがついてしまってなかなか取れないというような恐れもあるため、換気環境などに注意が必要です。

また、対面式キッチンは壁付きのキッチンと比較してキッチンのスペースを広く取らなければならないことから、家の中でキッチンが占める面積が大きくなります。他のスペースとの兼ね合いを考えて設置しないと、各スペースの使い勝手が悪くなってしまうことも考えられるため気をつけましょう。

壁付きキッチンのメリット・デメリット

背面キッチン、ウォール型キッチンとも呼ばれる壁付きキッチンは、その名の通りキッチンの正面にあたる部分が壁に付いているキッチンの形式です。対面式キッチンがキッチンの向こう側を見通せることとは対照的に、壁付きキッチンでは壁の方を向く形で料理などの作業にあたることになります。

これは作業中に作業内容以外のものが視界に入らないということですが、たとえばキッチンの向こう側にテレビが見えると、そちらに意識が向いてしまい料理の手が止まってしまうということも考えられます。そのため壁付きキッチンは、集中して作業にあたりたいという人に適した造りでしょう。

また、壁付きキッチンはキッチンの正面にあたる部分が壁に付く形になることから、必ず部屋の端に位置することになり、キッチンを設置することによるデッドスペースが生まれません。部屋のスペースをほとんど無駄なく使うことが可能なことから、部屋自体の広さがあまりないという場合にもキッチン周りのスペースを問題なく確保できるという点は、壁付きキッチンの最大のメリットといえるでしょう。

一方、壁付きキッチンは、壁に向かって料理などの作業にあたらなければなりません。キッチンのスペース外にいる家族の様子を確認したり、コミュニケーションを取ったりということは、対面式キッチンに比べて難しくなります

また、オープンタイプの壁付きキッチンの場合、背面のスペースには家電や食器棚を置くスペースがないことから、キッチンの横側にしか物を置くことができません。背面のスペースからはキッチンの状態がまる見えになってしまうことも多いため、キッチン周辺が散らからないような工夫が必要というデメリットがあります。

空間の広さが重要なポイントとなる

キッチンを対面式にするのか壁付きにするのかを決める際には、空間の広さが重要なポイントです。対面式キッチンはスペースを大きく取るため、リビング・ダイニングスペースに割り当てられる面積は小さくなります。

リビング・ダイニングスペースのように、家族で過ごす共有空間が窮屈で過ごしにくいものになってしまうことは、生活のしづらさにつながります。そのため、ある程度リビング・ダイニングスペースの広さを確保できるような、家ごとに合った形式に決めることが重要です。

たとえば主にキッチンを使う人がどのような環境だと料理をしやすいのか、料理にかける時間はどのくらいなのか、家族とのコミュニケーションはどのように取るのが理想なのかなど、各家庭によって異なる部分は意外と多いものです。

キッチンを対面式にするのか壁付きにするのかは、一概にどちらがよいというものではないため、家族間で話し合って決定することが最善の選択につながります。

 

今回は注文住宅のキッチンは対面式・壁付きのどちらがいいか、それぞれのメリット・デメリットを紹介しました。対面式キッチンであっても壁付きキッチンであっても、どちらにもそれぞれの特徴やメリット・デメリットがあります。家族間でよく話し合うことで、家族のスタイルにぴったり合うキッチンづくりができますよ。

おすすめ関連記事