注文住宅の収納にはウォークインクローゼットを作るべき?

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/02/25

注文住宅を建てる時に、「収納にはウォークインクローゼットが必要か?」と悩んでいる方もいるでしょう。これから建てる家にウォークインクローゼットが必要なのかは、家の大きさや間取り、家族構成、使用用途によって変わってくるものです。そこで今回は、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットと必要性について紹介します。

ウォークインクローゼットのメリット

近年では標準設備として組み込まれていることも多いものです。ウォークインクローゼットは歩いて入れるスペースがあるクローゼットといわれ、家族全員の衣類や帽子、ネクタイ、靴、バックや小物をまとめて収納できるスペースがあります。収納がしやすく洋服をかけるハンガーパイプや小物をまとめる棚が細かく設置されているので、すっきりとした収納部屋を作れるでしょう。

■ウォークインクローゼットの中に入れば全身の着替えが一度にできる
衣類や小物、アクセサリーなどを並べて服装のコーデを楽しめます。また、さまざまな場所に置いてあるものを1つの場所にまとめることで、時間も短縮でき居住スペースもすっきりするでしょう。

■面倒な衣替えをしなくてよい
衣替えが必要な時にウォークインクローゼットがあれば、季節ごとにまとめて置く場所を決めておけます。さらに、探し出す手間を省け、着たい服をすぐ着られるでしょう。

■大きな荷物はウォークインクローゼットへ
奥行のあるウォークインクローゼットは、スーツケースやキャリーバック、収納ケースなどスペースを取ってしまうものをクローゼットにしまえるというメリットがあります。

また、普段は使用していないが、押し入れや倉庫にしまうと不便なものは、ウォークインクローゼットにしまっておくことで必要なときに取り出せるといった魅力があるのです。身に着けるものや小物だけでなく暖房器具、扇風機などの季節用品、趣味で使用するスキー用具や楽器、子どもの習い事用品(サッカーボール、野球道具)などを収納できます。

■すっきりとした部屋ができる
自分や家族の衣類や小物をウォークインクローゼットにまとめることで、収納家具が必要なくなり家具が減るでしょう。居住スペースが増えて、快適な部屋を作れます。また、急な来客時に「片づける時間がない!」という時は、何でもしまえるといったよさもあるでしょう。

ウォークインクローゼットのデメリット

■人が歩いて移動する通路はデットスペース
ウォークインクローゼットは、通路部分や着替えを行うスペースをあけておかなければいけません。そのため、人が出入りする部分はデッドスペースになってしまいます。一般的に、クローゼットに必要なスペースは「人数×一畳」と考えておくとわかりやすいです。

スペースを狭く設定してしまうと「移動しにくい」「物がしまいきれない」などの問題も起こるでしょう。そのため、家族の人数や用途を考えて、できるだけ広めのスペースを考えておくことをおすすめします。

■ウォークインクローゼット自体が無駄なスペース
どのような家でもウォークインクローゼットを設備した方がよいということではありません。広い家には向いていますが、「床面積に余裕がない」と悩んでしまう人には適していないといわれています。ウォークインクローゼット自体が無駄なスペースだと感じ、1畳でも他の部屋を広く活用したいと考える場合には、普通のクローゼットがよいといえるでしょう。

■収納棚の整理がうまくできずに散らかってしまう
せっかくキレイに収納できるスペースを作ったのに、衣類や小物、荷物をつめ込んでしまうことで荷物があふれるケースも散見されます。「どこに何があるのかわからない」状態になり、うまく整頓できずに散らかってしまうという人もいるでしょう。

■ウォークインクローゼットは必要?不要?
ここまでウォークインクローゼットのメリット・デメリットについて紹介してきましたが、床面積に余裕がある家庭にはあった方がよいといえるでしょう。無理をして設置する必要はありませんが、子どもがいる家庭では、子どもが身に着けるもの、習い事で使用するものなどが成長していくごとに増えていくようです。

そのため、ウォークインクローゼットを設置することで、収納家具を置かなくて済む、家族分増えていく荷物をしまえる、子どもがウォークインクローゼットを使用して1人で着替えができるといったメリットが数多く挙げられます。

また、子どもが学校で作った作品、家で描いてくれた似顔絵など大切な思い出の品もウォークインクローゼットにしまい保管できるでしょう。ウォークインクローゼットは、大切なものをしまっておける収納スペースにもなるのです。子どもがおり床面積に余裕がある家庭には、ウォークインクローゼットはおすすめといえるでしょう。

 

おしゃれで見た目もよいウォークインクローゼットは、家を建てる時に憧れる方も多い収納スペースです。検討中の方はメリット・デメリットを生活スタイルや家族構成と照らし合わせて、自身に合った収納スペースを取り入れましょう。

おすすめ関連記事