注文住宅と建売住宅は何が違う?双方のメリット・デメリットを知ろう!

公開日:2022/09/15  最終更新日:2022/09/13


新築で一戸建てのマイホームの購入を検討する場合に、建売住宅を購入するか注文住宅を建てるか迷う人も多いでしょう。双方の住宅について一体どのような特徴があるのでしょうか。それぞれのメリットやデメリットを知ることで、あなたにとってどちらが合うのか把握できます。この記事を読んで、納得のいく新居を手に入れてください。

注文住宅を選ぶメリット・デメリット

注文住宅とは、すでに持っている土地、または購入した土地に対して自由に設計して建てる一戸建ての住宅のことをいいます。間取りやデザイン、設備などのすべてを自由に自分たちで決められるフルオーダーの住宅もあれば、ある程度規格化された中から選べるセミオーダーの住宅までいろいろあります。

自由さがメリットの注文住宅

最大の魅力は、間取りや設備をはじめ、細部にまでこだわり、自分や家族の好みやライフスタイルを反映した住宅を建てられることです。こだわった分だけ満足度も高くなり、自分たちだけの特別なマイホームが完成します。そうしたメリットを活かすためにも営業担当だけでなく設計者ともコミュニケーションをとれる企業を選ぶことで、よりイメージに近い住宅を建てることが可能です。

注文住宅は契約をした後から住宅が建てられるため、着工前から完成するまでの過程を確認することができるので、手抜き工事や欠陥部分がないかの不安も軽減できるうえに、自分が建てたという充実感も高まることでしょう。また、将来のライフスタイルを考えて、リフォームしやすい間取りや工法にできるのも注文住宅ならではといえます。

時間がかかるデメリットの注文住宅

契約時には建物ができないために、完成するまで実際どのような建物になるか確認できないことで不安を感じてしまうことがあります。イメージの違いがないように、間取り図やパース、CG、モデルハウスなどを利用して何度も打ち合わせをしながら進めていきますがその分時間がとられてしまいます。

プランニングが終わってから、ようやく着工がはじまるために、実際に入居までの期間とその間にかかる負担は大きくなるといえるでしょう。また、コスト的にもこだわりが多いほど、費用が積み重なっていく場合があるため、予算オーバーにならないように、優先順位をつけて検討していきましょう。

建売住宅を選ぶメリット・デメリット

建売住宅とは土地と建物がセットになって販売された新築分譲住宅のことをいいます。建築中に販売されている場合もあれば、住宅の完成後に販売される場合もありますが、どちらも間取りや仕様が決まっていることがほとんどです。また、1区画1軒で販売されることもあれば、大規模分譲地の複数の区画から1軒ずつで販売されることもあります。

予算内で選べるメリットの建売住宅

手頃な価格設定で販売されていることが一番のメリットでしょう。建売住宅は基本となるプランによって同じ建材をどの住宅でも利用できるようにしているために、建材などを大量に仕入れることによって価格をおさえることが可能となっています。

また、注文住宅とは異なり建物を実際に確かめてから契約を結べるうえに、すぐに入居が可能なので、生活設計もしやすいといえるでしょう。間取りや設備などを選ぶ自由度は少ない分、打ち合わせにとられる時間も少なく、購入の手続きも簡単で、住宅ローンを利用して土地と建物代金を一括で購入できるところも魅力です。

自由がきかないデメリットの建売住宅

間取りやデザイン、設備などが決まったプランのなかから選ばなければいけないために、自分の思い通りのマイホームを手に入れることが難しいことです。間取りや設備の変更が可能な場合もありますが、別途費用が追加になったりある程度制限されたりする場合があります。

また、分譲地では、近隣にマイホームと同じような建物が立ち並ぶこともあるため、個性が発揮できません。将来的にリフォームしようとしても、物件によっては増改築ができないケースや多額の費用が発生する場合もあります。

注文住宅と建売住宅どちらを選ぶのがオススメ?

ここまで注文住宅と建売住宅の特徴を紹介してきました。どちらにもメリットとデメリットがあるので、どちらが自分にとって理想の住まいを実現することができるのかを考えてみましょう。それでもどちらを選んだらいいのか迷っている人に、タイプ別で紹介していきますので参考にしてください。

こだわり派には注文住宅

時間をかけてもいいから、とことんこだわりのある家を追求したい人には注文住宅がおすすめです。外観や内装のデザインや素材や設備などで使用したいものにこだわりがある場合や希望する工法がある方なども同様です。また、土地だけをすでに持っている人や、建て替えを検討している人も向いているでしょう。

即入居したい人には建売住宅

時間や手間をかけずにすぐに入居したい人には建売住宅がおすすめです。決められた間取りやデザインのなかから住宅を選びたいと思っている人にとっても最適でしょう。また、土地をもっていない人や予算内で住宅を購入したい方にもおすすめです。

まとめ

注文住宅と建売住宅についてメリットやデメリットを紹介しながら、それぞれの違いについて説明してきました。間取りやデザインや設備などにこだわりのある住宅を希望する人は注文住宅、決まった予算ですぐに入居を希望する人は建売住宅がおすすめです。どちらが自分の希望にあった暮らしを実現できるかを十分検討したうえで選択してください。


おすすめ関連記事